FXで追証が払えないで強制決済されてしまう前に。

FX(外国為替証拠金取引)において、追証と呼ばれる事態になるケースがあります。

「追証」は「おいしょう」という読み方をするのですが、FXのような証拠金取引の場合、最低維持証拠金というものが定められています。

これは預け入れた証拠金の一定の割合で設定されるのですが、取引を行う際に自分が保持するポジションから割り込むような状態に陥り、証拠金の残高がこの最低維持証拠金を下回ろうとしたときに、口座を設けている証券会社から追加の証拠金を入れるかどうか連絡が来ます。

この時が追証になったという時なのです。

さてFX取引などでは、大きく損失を出す可能性もあり、追証の判断を迫られるケースも出てくるのですが、その時に追加の資金を投入できないケースになった場合には、強制的にポジションを清算させられます。

その時の清算額が預け入れている証拠金の範囲内であれば良いのですが、それを超えるような場合では、証拠金では払えない状態になるので、別途請求されることになるのです。

FXなどではレバレッジによって大きな利益を得る可能性もあるのですが、損失も大きくなる可能性もあります。

その時に追証を払えない状態にならないように、証券会社なども余裕思って最低維持証拠金の割合を決定していますが、自分の投資スタイルなども十分に考えながら証券会社とも相談を行い、安全でリカバリーもできるような投資スタイルを確立して、追証が払えない事態にならないように努力すべきです。

中には、カードローンでお金を借りて追証を支払っている人もいますよ。