電気はライフラインなので止めるわけにはいきません。

東日本大震災以降、電力会社の電気代が上がって、電気料金の支払いがきついといった声が増えています。 中には、月々の電気代が2倍になったという声もあるくらいです。 電気料金が払えないといずれは電気を止められてしまいます。 電気と水はライフラインと言うくらいですから、止められてしまっては生活が成り立ちません。 部屋の電気がつかないだけでなく、冷蔵庫も動かくなりますし、電子レンジは使えませんし、冷房・暖房も使えません。デレビだって見ることができません。 夜はロウソクの明かりで生活しなければなりません。 こうなってしまうと、本当に精神的に惨めな気分になります。

電気が止まる事で、様々なことに悪影響が出てしまいますから、電気料金・電気代が払えない場合は、カードローンを頼って1万円借りる事をオススメします。

「小額すぎて1万円借りるのが恥ずかしい・・・」と言う方もいますが、今はウェブから申し込むのが一般的なので、誰にも合うことなく、お金を借りる事ができます。

「電気代が払えないからお金を借りる」という事を知られたくないと言う方もいますが、カードローンでは借りたお金の使用目的などを申告する必要がないので、そういった心配は一切無用です。

実際、多くのカードローンは1万円から融資を行っているので、堂々と1万円を借りて大丈夫ですし、1万円だけでいいからお金を借りたいという人は意外と多いのです。

一万円なら実質年率18%で30日後に返済すれば利息はたったの147円です。

この利息をケチって電気を止められるなんてバカらしいですよね。

電気代だけでなく、生活する上でお金に困った時はカードローンを上手に活用することをオススメします。