銀行カードローンとおまとめローンは総量規制対象外です。

急いでお金を用意したいときはカードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、早ければ当日融資が受けられるので、とても便利な存在です。

2010年6月には貸金業法が改正され、グレーゾーン金利も廃止されました。しかし、同時に総量規制という法律も導入されました。

総量規制とは「原則として年収の3分の1以上のお金は借りることはできません。」という借りすぎを防止することを目的にした法律です。

総量規制は借りすぎを防ぐのに役立ってくれますが、生活をしていると、年収の3分の1以上のお金を借りたいことがあるものですよね。

そんな人にオススメなのが、総量規制対象外のローンです。

たとえば、カードローンには消費者金融系と銀行系がありますが、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

よって、総量規制以上借りたい場合にとても便利な存在ですし、利息も消費者金融系に比べて低金利であることも魅力です。ただし、審査は少し厳しくなります。

銀行カードローンも消費者金融系と同じように来店以外でもインターネットからの申込が可能で、無担保・無保証で利用することができます。

さらに、すでに複数のローン会社から借り入れがある人なら、おまとめローンをオススメします。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめ、返済をより楽にするために役立つローンですが、これも総量規制の対象外なのです。

総量規制例外貸付条項の中の「顧客に一方的に有利な借り換え、または段階的に債務を減らす借り換え」がおまとめローンに当たりますので、年収の3分の1以上の借り入れがあった場合でも申込が可能です。

返済日が毎月1日になるので、借金の管理がやりやすくなりますし、毎月の支払う利息も抑えられることになるので、返済もラクになります。その結果、より早く完済に近づくこともできます。

すでに複数社から借り入れがある場合は、こうした借り換えも検討していきたいものです。