お金がないという理由で欠席したら友達失いますよ。。

ある程度の年齢になれば、結婚式に招待される機会が増えてきます。

月に数回重なってしまうというのも珍しい話ではないのです。

結婚式はおめでたいイベントなので、可能な限り出席したいと思っている人は多いと思います。

しかし、ご祝儀が負担になってしまうこともあるのです。

結婚式に出席する場合のご祝儀は、一般的には3万円と言われています。

学生にはもちろんのこと、毎月の収入がある社会人でさえ負担になってしまう金額です。

ご祝儀が払えないため結婚式を欠席した経験がある人も多いようです。でも、それってちょっと悲しいですよね。。そこでお勧めなのはカードローンです。

カードローンなら早ければその日のうちに銀行口座にお金を振り込んでくれます。

そのため、ご祝儀や携帯代が払えない人などが利用しています。他にも、生活費や飲み会のお金が足りない時などに利用できます。

最近では、スマホから来店不要でカードローンを利用する人が多いようです。誰にも会わずにお金を借りることができるというメリットがあるからです。

女性の場合はご祝儀だけでなく、美容院代やドレス代などもかかるので3万円では足りません。5万円ほどの出費は覚悟しておく必要があります。月に2回も結婚式が重なったら、それだけで月10万円の出費です。

ご祝儀が払えないという理由で結婚式を欠席することは、今後の付き合いにも大きく影響してきます。裏で何を言われるかも分かりません。自分の結婚式に来てくれる友達も減ります。

さらに、お金がないからといって、ご祝儀の金額を3万円以下にするのはお勧めできません。相場として3万円が最低ラインになっているので、3万円以下だとケチくさい印象を与えてしまい、せっかくのおめでたい結婚式を台無しにしてしまうからです。

将来的なことを考えるとご祝儀3万円はケチることは利口ではありません。カードローンで借りてでも、友達の一生に一度の幸せを祝ってあげるべきだと思いますね。