急な医療費・・・でも、手元にまとまったお金がない・・

日々、生活をしていると自分や家族が急に病気やケガをしてしまい、医療費や入院費が必要になることってありますよね。

しかも、かなりまとまった金額を急いで用意しなければならないケースが多いです。

たとえば、治療費と入院費で50万円必要だけど、今は10万円しか用意できないので、40万円足りないとか・・・。

こんな時はカードローンで40万円借りるという選択肢で、今のピンチを乗り切ることができます。

カードローンなら早ければその日のうちに銀行口座にお金を振り込んでくれます。

使用用途は自由なので、医療費や入院費でももちろんOKです。

病院代は保険が効くものなら比較的安く済みますが、保険が効かない場合や治療内容によっては多額の金額を請求されます。

そんな時に便利なのがカードローンなのです。実際、カードローン会社のウェブサイトにも「急な医療費に!」と書いてあったりするくらいです

尚、医療費や入院費は、病院にもよりますがクレジットカードで支払い可能なところもあるので、カードを所有していない人はを事前に作っておくだけでも、急な医療費を払えないという状況を避ける事が可能です。

ただし、クレジットカードのリボ払いだけは避けて下さい。リボ払いは利率が高い上に、なかなか返済が終わらないので、リボ払いするくらいならカードローンでお金を借りた方が利息が安く済みます。

本来であれば貯蓄をしておくのが好ましいのですが、今の雇用が不安定な時代ではそんな理想論は現実的ではないですよね。多くの人が日々の生活費すら厳しい状態です。

最近では金融機関側の対応も早くなってきていますので、申し込みから振り込みに関してはカードローンが一番スピーディです。

50万円以下なら審査も柔軟になり、振り込みまでのスピードも早い傾向があります。30万円や40万円といったまとまった金額の借り入れもできますし、1万円から借りることも可能です。

40万円足りない、40万円ほど借りたいといった場合はカードローンに申し込んでみるといいですよ。