相手のことを愛しているならカードローンでお金を借りる方が賢い選択です。

お金が無くなってしまった時、どうしようもない理由で付き合っている彼氏や彼女からお金を借りるという人がよくいます。

恋愛関係にある以上、相手も信用があるからという理由でお金を貸してくれる確率は高いですし、返済にも寛容であるため、恋人間でお金の貸し借りを繰り返すカップルは後を堪えません。

しかし、彼氏・彼女からお金を借りるのは辞めた方がいいです。

なぜなら、多くの場合、そこから負の感情が生まれるきっかけになってしまうことが多いからです。

恋人からお金を借りると、借りた方が劣等感が持つ場合もありますし、人間としての心境の変化というものがとても反映しやすく、借りている側はいつでも返せるという感覚で借りてしまったりします。

逆に、貸している側も「彼(彼女)だから大丈夫」という根拠のない信用性を持ってお金を貸してしまうという事があるからです。

特に、口約束だけでお金の貸し借りをしてしまうと、貸したという証拠が残らずにお金だけを貸してしまう事となるので、不幸にも別れる時に大きな問題へと発展する事があります。

特に、女性が彼氏にお金を貸す場合は注意が必要です。「元カレが貸したお金を返してくれない」といっている女性は意外と多いからです。

更に、氏・彼女からお金を借りるのがダメな理由として、心理的な変化で借金をごまかすことができたりしてしまう事もあります。

こうなると、人としての信用をお互いが無くしてしまうキッカケになり、人間関係も崩してしまうので、恋人同士でいることすら難しくなります。

相手のことを愛しているなら、お金に困った時こそ、専門の業者であるカードローンを頼りにすべきです。

大切なパートナーを失いたくないなら、カードローンでお金を借りる方が賢い選択と言えます。