数万円だけ足りないなら、カードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

給料やボーナス削減で、大学の学費や入学金を支払うのが厳しかったり、払えないといった状況にある家庭が増えています。

学費が払えないとどうなるのかというと、当然のことながら学校から何かしらの催促の連絡がきます。

小中学校なら家庭宛に手紙が、大学生なら本人に直接伝えられる可能性があります。

基本的には、その時点で学校側との話し合いに入ります。

いつから学費が支払えるのか、分割なら支払えるのかなど、今後の支払いについての話し合いが行われます。

そのまま学費を払わないままでいると、まず義務教育である小中学校では除籍ということはほぼ起こらないようです。

高校の場合でも、除籍というような状況にはならないようですが、卒業保留というケースに陥ってしまう場合が多いようです。

大学の場合は学費の未納についてかなり厳しい対処になります。

大学にもよりますが、ある大学では二期分の学費が払えない場合に除籍となってしまうようです。

もちろんいきなり除籍というわけではなく、事前に何らかの連絡がありますが、何も対処しない場合は本当に除籍になってしまいます。

まず、多くの大学では奨学金や補助金の制度が設けられています。

奨学金や補助金は給付されるものなので、返済の必要がないものもあるので、家計が厳しい家庭には大変ありがたい制度です。

ただ、所得制限が設定されていることが多いため、所得によっては利用できない場合があります。

その場合、賃与型の奨学金を利用すると返済の必要はありますが、無利子ですし、返済期間も長いため便利です。

数万円だけ足りないから学費が払えないという場合は、カードローンでお金を借りるという選択肢もあります。