変な噂が拡散しますし、人間関係も壊れるので、カードローンで借りる方が利口ですよ。

友達・知人・友人にお金を借りる人が少なからず存在しますが、身近な人からお金を借りると何かとトラブルが起こりやすくなるので辞めた方がいいです。

辞めた方がいい理由としては4つあります。

1つ目は、人間関係を崩壊させるだけでなく、借りたお金をきちんと返済したとしても、貸してくれた友達・知人・友人に経済的負担をかけることになるからです。

2つ目は、知らないうちに悪い噂が広がるリスクがあるからです。

借りたお金の返済が遅れたり忘れていたりすると、信用を失うだけでなく、金にルーズな人とみなされ知らない所で良からぬ噂が飛び交うことも十分ありえます。

特に、今のインターネット時代ではソーシャルメディアが発達しているため、こうした悪い噂は一気に拡散されてしまいます。

3つ目は、返済期限が決まっていないことです。

返済期限がないと、頭の中では全額返済すると思っていても、貸した相手からしてみるといつ返ってくるのか分からず、ずーと不安な状態が続きます。

さらに、ひどい人になると時間と共に返済を忘れてしまったり、場合によってはお金を貸してくれた友達が何も言ってこないことを理由に、意図的に返済しないこともあるからです。

4つ目は、一度貸してくれたことをいいことに貸してくれた人は良い人だと思い込み、お金を何度も借りてしまいがちになることです。

以上が、友達・知人・友人からお金を借りるのがダメな理由です。

止むを得ない事情でどうしても友達・知人・友人からお金を借りる際は、借用書を作ってもらい、原本をお金を貸してくれる友人に保管してもらうようにします。

借用書には、貸主と借主の署名、書類を作成した年月日、返済期限、返済方法、貸した金額を入れるようにし、自筆で書くのが良いです。

借用書を作成しておくことで、トラブル回避、お互いの関係を悪くさせないことにつながります。

ただ、大切な知人に借用書を書いてもらうのはやっぱり気が引けますよね。

なので、友達からお金を借りるくらいならカードローンでお金をお金を借りることをオススメします。

カードローンなら利息はかかりますが、人間関係も壊れませんし、悪い噂を飛び交いませんし、変な引け目を追うことなく毎日を過ごすことができます。