安易にキャッシング枠を使うより、低金利カードローンの方が利息が低く済みますよ。

どのクレジットカードにもメリットとデメリットがありますが、マルイエポスカードにもメリットとデメリットが存在します。

メリットについてですが、まずは入会費と年会費が無料な点です。

入会費と年会費が無料なので、マルイエポスカードを作って持つだけではお金は一切かからないので、気軽に持つことができるカードと言えます。

ただし、持つことだけではお金がかかりませんが、マルイエポスカードはキャッシング枠を使ってお金を借りた時に利息が高いというデメリットも同時にあります。

キャッシング機能が便利になっていて利用しやすくなっていますが、気軽にクレジットカードでの買い物と同じ感覚でキャッシング枠を使ってしまうと、金利がかさんで返済が大変になります。

マルイエポスカードの利息が高いのかどうかの判断は、カードローンの利息と比較してみることで分かります。

マルイエポスカードの上限金利は18.0%になっていますが、カードローンではもっと低金利になっているところが多いです。特に、銀行カードローンの金利の低さは目を見張るものがあります。

それなので、マルイエポスカードのキャッシング枠でお金借りる時には、カードローンよりも高い利息でお金を借りることになることを覚えておいて下さい。

お金借りる時に利息が高いということは、それだけ返済額も多くなるということなので、長期で見ると利用者にとってはデメリットになります。

気軽に借りてしまって返済が苦しくなることがないように、できれば、低金利カードローンでお金を借りることをオススメします。