安定性をアピールできれば借りることができますよ。

個人事業主やフリーランスで仕事をやっている人がお金を借りるのは一般的に難しいと言われています。

実は、会社員やパートやアルバイトなどの方がカードローンでお金を借りやすく、個人事業主やフリーランスになってくると審査が厳しくなるのは理由があります。

その理由とは、不安定な収入です。

カードローンでお金を借りる際、審査で必ずチェックされる項目の一つとして「安定した収入があるかどうか?」という点があります。

収入が不安定な個人事業主やフリーランスはここで引っかかってしまうのです。

仮に、サラリーマンより稼ぎが多いと言ったとしても、信頼性が低く見られるためお金を借りるのは難しくなります。

極端な話、収入がある月もあればない月もあると見られてしまうのです。

このように、個人事業主やフリーランスがカードローンなどでお金を借りようとする場合、一般的な職業よりはるかに審査が厳しくなり、銀行系カードローンではほとんどアウトになってしまう傾向にあるようですが、消費者金融系カードローンなら融資してくれる会社も存在します。

さらに、知っておくべきこととして「総量規制」があります。総量規制とは「融資してもらえる額は年収の3分の1まで」というルールです。

ですから、アナタの年収が450万円だったとしたら、150万円以下の融資を申し込むようにしてください。

最後に、個人事業主やフリーランスの人がカードローンでお金を借りる際は、前年度の確定申告書等の書類が必要になってくるので、事前に用意しておくといいでしょう。

個人でビジネスをやっている人は、一般の会社員に比べるとお金を借りることが非常に難しくなり、乗り越える壁も多くなりますが、1社ずつ真摯な態度で望めば貸してくれる会社に出会えますので、諦めないことが大切です。

コツは「毎月仕事をくれる提携先がある」などいった安定性をアピールすることです。