住みづらくなるので、しっかり期日までに支払いを済ませましょう。

家賃・更新料が払えなくなる状況は誰にでもありえますが、実際に家賃・更新料を払えないとどうなるのか解説します。

まず、マンションの家賃が払えない場合です。

家賃振込み日を過ぎたり、引き落とし日に引き落とせなかったりすると、数日以内に電話がかかってきます。

最初の電話で入金がなかったりすると、再度電話がかかってきたり、手紙が送られてきます。

それでも入金が確認できない場合は大家さん本人やマンションの管理会社の人が直接部屋まで訪れてきます。

実際に会えば本当に払う気があるのか、お金を持っているのか確認できるからです。

以上のような手順を踏んでも支払いがない場合、連帯保証人に連絡が行き、保証人に払ってもらうか、借主に話をしてもらうようにします。

以上のようなやり取りで2〜3ヶ月支払いがない場合、貸主から一方的に契約解除され、強制退去といった流れになります。

次に、マンションの更新料を支払えない場合です。

まず、更新料というのは、借りている部屋に住み続ける場合に支払う料金のことです。

普通、賃貸は二年契約になっているので、二年ごとに更新料がかかります。

実は更新料というのは法律で決まっているお金ではないのです。

契約書に更新料の旨が書かれていなければ、一般的には支払い義務は無いです。

また、賃貸住宅の中には都市公団の物件や、住宅金融公庫融資物件などは更新料がかからないので、支払いたくない人はこういった物件を探すのも手です。

家賃・更新料で、更新料は家賃ほど重要な位置づけではありませんが、気兼ねなく住み続けるためにはきちんと支払日に支払うようにしましょう。

もし、家賃・更新料がどうしても期日までに払えない場合には、カードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

月々の収入が少なくても、毎月安定した収入がある人なら申込可能ですし、月々の返済も数千円からでOKなので、お金に困った時には上手に利用していきたいですね。