敷金・礼金が2ヶ月だとけっこう負担が大きいですよね。

賃貸マンションやアパートに入居する際には、多くの場合は敷金・礼金の支払いが必要です。

相場はそれぞれ家賃の1〜2ヶ月分ですから、そのマンションやアパートの家賃が月7万円だとすると、敷金・礼金として14〜28万円もの大金を支払わなければならないということです。

ファミリー向けの部屋数の多いマンションやアパートの場合は家賃も高めですから、敷金・礼金だけで50万円を超えてしまうことも少なくありません。

ちょっとした中古車が購入できてしまうほどの大金です。そのため、敷金・礼金が払えないという人も多くいます。

月々の家賃は問題なく支払うことができても、敷金・礼金は額が大きすぎて一度には払えないため、ローンを組むことを希望する人もいます。

最近ではカードローンでお金を借りて、マンションやアパートの敷金・礼金を支払っている人もいるくらいです。

また、自動車ローンのように金融機関などにお金を借りて支払いをし、その金融機関に毎月小額ずつお金を返済していく方法もあるようです。

しかし、基本的に賃貸物件に関する費用は現金払いをすることが通念となっており、ローンで支払うことを渋る不動産会社もあります。

とはいえ敷金・礼金の額が大きすぎることもまた事実であり、そのため大手の不動産会社の中にはクレジット払いを認めているところもあります。

クレジットカードでの支払いをおこない、その後は各自のクレジットカードの契約内容に沿って分割で返済をおこなっていくのです。

引っ越しをしなければならないが敷金・礼金を払えないという人にとって、クレジット払いができる不動産会社は非常に便利であると言えます。

クレジットカードが使えない場合は、カードローンで足りない分を借りるのが一番手っ取り早い方法です。