延滞すると信用情報に傷が付くこともあるので、カードローンで足りない分だけお金を借りて支払う人もいます。

どこからお金を借りるにしても当然返済しなければならず、クレジットカードでも同様です。

クレジットカードの支払いができなくて延滞してしまった場合には、信用情報などに傷がついてしまうので、今後の大きなマイナスになります。

クレジットカードの利用料は、口座の残高があれば、自動的に引き落とされることになります。

しかし、口座の残高が不足してしまっている場合には、引き落としができなく、その場合にはクレジットカード会社から、再引き落とし日を伝えられます。

伝えられることは、指定日に引き落とせなかったことと、再引き落とし日や金額などです。

そうなったら速やかに振り込みをすることが必要で、振り込みが完了するまでは、新たにカードの利用をすることができなくなります。

クレジットによっては払えなかった日数分の延滞金が必要になることもあります。延滞金はもともとの引き落とし日から、全て返すことができるまでの日数で、はじき出されます。

そうなると、払えないで延滞している期間が長くなれば長くなるほど、延滞金が高くなってしまいます。

再引き落としが必要なことを知らされているのに、ずっと払えないで放置してしまうと、最悪の場合は強制的に解約されてしまうこともあります。

そうなってしまうと、信用情報が金融機関同士で共有されているので、他のカード会社にも知られてしまって、すべてのクレジットカードを解約される可能性があります。

解約されてもまた新たに申込めばいいというわけではなく、その後はカード審査にも通れなくなる可能性が高くなります。

もし、クレジットカードが払えないで延滞してしまいそうなら、カードローンで足りない分だけお金を借りて支払うことによって、信用情報を汚れないようにする選択肢もありますよ。