本人確認の可否、働いているかどうか、他社の融資の支払い具合がポイントになります!

カードローンに申し込む際に必ず必要となるのが「審査」です。

この審査を通過すれば融資が受けられることになるのですが、中には審査に落ちる人もいます。

ここでは、カードローンの審査に落ちる理由について説明します。

単純に審査が通らない理由として挙げられるのは以下の3つです。

  1. 本人確認ができない人

  2. 無職の人

  3. 他で融資を受けていて支払いが怠っている人

逆に、この3つを満たしていたら、審査に落ちることはかなり少なくなります。

3つの中でも特に重要なのは「本人確認」です。

申し込みの際に、本人が申し込んだのかどうかを確認できるかどうかはアナタが思っている以上に重要です。

だから、申込み後にかかってくるカードローン会社から電話は必ず出るよにしましょう。

その電話にちゃんと出ることができれば本人確認が成立します。

中には、家族が出て本人と話ができないという理由から審査に落ちるケースもあります。

上記に挙げた3つの条件を満たして初めて審査通過への道が開けます。

また例外として、審査に通らない理由に申し込み内容に間違ったことを書いているというケースがあります。

生年月日や年齢、就職先などを間違ったり、意図して偽ったりした場合は、審査に通らないケースがあります

要は、嘘つく人にはお金は貸せないということです。

最近はインターネット上で申し込みができて即日審査が可能ではありますが、カードローン会社はアナタの個人情報を信用機関で調べることができるので、おかしい時は訂正を求めてきたり、場合によっては審査不通過ということもあります。

よって、嘘偽りのない正確な情報を記載するように心がけて下さい。嘘は必ずバレますから。