審査基準には年収、住環境、勤務年数、家族構成などが有ります!

カードローンでお金を借りる時の審査基準は、基本的に金融機関によって異なります。

カードローンを利用する時には必ず審査が必要となるのですが、審査は基本的に各金融機関が定めた水準によって行われ、結果として貸し付けをする事ができるかできないかの判断が行われます。

お金を借りる時の審査基準としては、基本的には申し込みを行った個人の収入や住んでいる環境、職場での勤務年数、生活環境や家族構成等が挙げられ、これらをトータルに数字化して判定を行う事が多いようです。

カードローンを提供している金融機関の中にも消費者金融系と銀行系がありますが、近年では両者共に個人でお金を借りたいと思っている人に対してのサービスを充実させている傾向にあり、特に銀行系は数年前と比べると審査基準も緩くしている傾向があるようです。(以前が厳しすぎたという声もありますが。)

審査基準についてはアルバイトの方でも大丈夫としている金融機関もあれば、正社員等でなければ借りる事のできない金融機関まで様々で、これに関してはカードローンサービスを行っている金融機関のホームページを閲覧すれば記載されている場合もあります。

お金を借りる時に審査があるのは、返済能力があるかどうかという事を見極めるためです。

なので、申し込みを行う時には、嘘偽りなどなく的確で正確な情報を申込用紙に記入し、申込みをするようにしましょう。

また、審査を行う前に仮審査というものを行っている金融機関もあり、そういったところでは仮審査を行う事で、本審査を行う前に借り入れができるかどうかを知る事ができます。