足りない分だけカードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

自動車を購入する為のローンのことを「自動車ローン」、貸し出しする金融機関によっては「オートローン」や「マイカーローン」などと呼ばれています。

このローンは金利が低いのがメリットですが、中には車の税金が払えなくて困っている人も少なくありません。

一般的に車の税金が払えない状態になると車検が受けられず、最悪な場合、車が差し押さえられることもあります。

2年間滞納した場合は、次の年からは通知が来なくなります。

もう一度車に乗りたい場合は、2年間の車の税金と延滞金額を払うことになり、相当な金額になってしまいます。

最悪5年間払わなかった場合は強制的にその車は抹消されてしまいます。

期限までに払えなかった場合、利子が高く跳ね上がり15%近くなるので気をつけたい所です。

オートローンを組んだのはいいが、どうしても払えないという人は毎年増えています。

ローンが払えなくなる原因は様々ですが、主に収入に対して支払い額が高すぎたという原因が多いようです。

また、突然の給与減少やリストラ、病気や事故などで払えなくるのも原因の一つです。

そういう事態になると、当初は払えるものが段々払えなくなる悪循環に陥ります。

では、その払えなくなったときの対処ですが、一度オートローン会社に相談するのが一つの手です。

最悪の場合は車を手放す必要がありますが、どうしても必要なときや明らかに毎月の返済金額が多すぎた場合は、相談することで月々の返済金額を減らすことが可能です。

オートローンでは毎月の返済金額を途中から変更することも可能なので、先ずは悩む前に相談する事で解決することも出来ます。

さらに、車を手放したくないなら、オートローンや車の税金の足りない分をカードローンで借りて支払うという選択肢もありますよ。