年収、勤続年数、居住年数が多い方が審査に通りやすいようです!

カードローン会社でお金を借りたり、銀行でお金を借りる際に必ず審査があります。

ここで審査をすることによってその人の信用がどれくらいあるのかを見ます。

まずは年収です。年収とは一年での総収入額です。社会保険や市県民税、所得税など引かれる前の金額になります。

これを見ることによってその人の経済状況が把握できます。

もちろん、年収が高いほうがお金を借りる場合の信用は高くなります。

次に勤続年数です。これはその人が勤めてからどれくらいの期間そこで働いているかを表すものです。

もちろん勤続年数が浅ければ、仕事をして間もない状態で今後続くのか、続かなかった場合収入が無くなり返済が厳しくなるのではないかなどというマイナスイメージがつきますので信用は低くなってしまいます。

逆に、勤続年数が長ければ、そこの会社での信用がある、またすぐには退職することは考えにくい、忍耐力があるなどの理由からお金を借りる際の信用は高くなります。

また勤続年数に似た審査内容として居住年数があります。これも居住年数が長ければ長いほど信用があります。

居住年数が長ければ同じところでずっと生活しているということになり、それが収入が安定していることにつながるのです。結果、返済能力もあるとみなされて信用が高くなります。

このように日本では、年収と勤続年数と居住年数はお金を借りる際の重要な審査項目になりますので、同じ所でしっかりと長く働いて安定した収入を得られている人の方が審査に通りやすいと言えるでしょう。